「新しい暮らし方」、「これからの生活スタイル」・・・最近よく耳にする言葉です。

ご存じの通り新型コロナウイルス感染拡大の影響で取られた対策、つまり「ソーシャルディスタンス」、「飛沫感染を防ぐマスクや防護用具」、「濃厚接触回避の自粛行動」、「テレワーク・リモートワーク」など取り入れた生活を今後も続けよう、いや、あたり前にしようという考えに基づきています。

状況は分かります、その理由も理解します。
しかし、それは新型コロナウイルスに対して人類の敗北宣言のようにも聞こえます。

人間は「集団」と「個」をバランスよく身の回りに置く「生物」です。
家族や友人と肩を寄せ合い、抱きしめ、励まし、お互いの命の意味を確認します。
時には、ひとり知識や経験の習得に励み、自身と他人の為に苦しい修練にも耐えます。
私は人類の科学技術と理性を信じ、「これまでの生活を取り戻す」取組に期待したい思います。

写真は毎年春に開催される「仙台青葉まつり」と秋の「定禅寺ジャスストリートフェスティバル」・・・どちらも今年は中止になりましたが、来年からまた同じように楽しみたいものです♪